圏域関係者間の連携強化の一環として、連携研修会を東京都医師会館会議室において開催しました。

・日 時 : 平成30年3月6日(火)18:45 ~ 20:45
・テーマ : かかりつけ医と精神科医との医療連携に必要なノウハウとは
~精神科救急・アウトリーチ・初期対応をめぐって~
・プログラム
(1) 精神科救急支援サービスの取り組みの現状と今後の課題
(2) 都立精神保健福祉センターにおける地域支援事業の現状と今後の課題
(3) 精神的不調者への初期対応のコツ : 精神科医へのつなぎ方・うつ病の鑑別診断・睡眠薬の選択など
(4) かかりつけ医と精神科医との医療連携に必要なノウハウ
(5) 質疑応答
・参加者 : 医師・産業医、看護職・保健師、精神保健福祉士、心理職、事務職、圏域行政(保健所)担当者、東京都担当者を含め38名。
・アンケート結果 : プログラム内容を「よく(おおむね)理解できた」、「今後の業務に非常に(まあまあ)役立つ」との
回答が96~100%という高評価であった。